Lock iconRectangle 1Rectangle 2 + Rectangle 2 CopyShapeRectangle 1

New Belgium - Transatlantique Kriek (2016)

  • Sale
  • ¥2,600


Cherry Lambic Ale | 650ml | ABV 7.0%

この“Transatlantique Kriek”はベルギーのOud Beersel(注1)とコラボレーションしたランビックエールだ。名前の“Transatlantique”はそのユニークな生産プロセスに由来するもので、ビールが大西洋を横断した末に完成するのである。まずOud Beerselで自然発酵させたランビックを半年以上オーク樽で熟成させる。熟成させたビールにチェリー(注2)を漬け込んでさらに1ヵ月間寝かせ、準備が整ったチェリーランビック(=クリーク)は太平洋をはるばる渡りNew Belgiumの元に届けられる。セラーチームたちのテイスティングの後、届けられたチェリーランビックとマッチするFelix(注3)を選定して、更にチェリーランビックに合わせるストロングゴールデンラガーを醸造。クリーク、Felix、ストロングラガーを50%:25%:25%の比率でブレンドするのだ。ルビーレッドに着色されたガラスのようなきれいな色合い(注4)に、ピンクのコットンキャンディのようなヘッドが乗る。香りはチェリーパイ、アーモンド、バニラ、ベリージャム、ラズベリー、ハイビスカス、青りんご。味わいはフルーティーな甘みからはつらつとした酸味へと続く。ミディアムボディーでクリスピー、しっかりとしたカーボネーションが口を刺激する。文字通り大西洋の隔たりを越えて完成した、伝統と革新のコラボレーションビール。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Transatlantique Kriek begins its life in oaken vessels of Gert Christiaens’ Oud Beersel, a 130-year-old lambic brewery in the Zenne valley of Belgium – home of authentic Lambic beer. After time spent aging in wood, Oud Beersel’s lambic is blended with tart Polish cherries and shipped across the Atlantic to New Belgium. In concert with Oud Beersel’s cherry lambic, or Kriek, we blend an equal portion of golden sour ale matured for 1 – 3 years in our oak vessels called foeders. 50% Sour Golden Ale blended with 50% Traditional Cherry Lambic Ale leads to an intense cherry nose, a sour flash across the palate and a refreshing, mouthwatering finish. Now in its 14th yearly release, Transatlantique Kriek is an American Craft Beer legend waiting to be poured.