Lock iconRectangle 1Rectangle 2 + Rectangle 2 CopyShapeRectangle 1

Founders - KBS (2018)

  • Sale
  • ¥1,500


Imperial Stout (aged in bourbon barrels) | 355ml | ABV 11.8%

“カルト的人気”と評されるビールはアメリカでもそう多くはないが、その中でもとりわけ熱狂的に渇望されるビールの1つがFoundersのKentucky Breakfast Stout、その名もKBSだ。チョコレートとコーヒーを投入した限定ビールBreakfast Stoutをケンタッキーバーボン樽で1年間熟成させることで完成するこの逸品は、数多くのビアギークが喉から手が出る程欲しがる超限定品。アメリカではリリース前日になると泊まり込みで店に並ぶ人々が現れる程で、「事前に販売するチケットを手に入れることで1人につき1本~2本のみ購入可能」とルールを定める酒屋も多い。万が一チケットを逃した場合は何時間もかけて酒屋巡りを行って、運が良ければ見つけられるといったような状況となる。KBSがバーボン樽で眠る場所は地下深く。地上から85フィート(約25m)ほど潜った洞窟の中でこのスタウトは熟成する。もともとは石膏の採掘が行われていた洞窟が使われなくなったものを、Foundersが熟成庫として利用しているのである。2016年4月現在で9,000を超えるバーボン樽を保有しており、アメリカでも最も大規模なバレルエイジングプロジェクトと言われる。地下深くにあるこのエリアは自然とビール熟成に最適なセラー温度となっている。ここで熟成させるということが、KBSに甘くナッティーな味わいと最高にスムースな口当たりをもたらすのだ。今でこそ樽熟成ビールはアメリカで人気が高まっているが、KBSが初めて世に出た当時は、アメリカ国内ではそれほど注目されていないカテゴリであった。2002年にドラフトのみで初リリース、翌2003年にはボトルパッケージでも限定リリース。ちなみに、最初のKBSはジャックダニエルに使用されていた2樽で熟成された。ケンタッキー州でもなければバーボン樽でもなかったのである(ジャックダニエルはテネシー州で生産されるテネシーウィスキー。アメリカンウィスキーであるが、バーボンとは異なるカテゴリに属する)。その後すぐにレシピに変更を加え、現在の味わいになったという。FoundersはKBSをして“アメリカでのバレルエイジング・ムーブメントを牽引し続けたビールだ”と述べる。ブリュワリーによると、KBSは“室温(15℃前後)の温度帯のKBSをデキャンタージュして空気に触れさせてから、ブランデーグラスで飲む”のが最良の楽しみ方。見た目は漆黒の液体にクリーミーなこげ茶のヘッドが乗る。アロマは凝縮されたローストコーヒー、カフェラテ、ミルクチョコレート、バニラ、オーク、バーボンがグラスから溢れ出す。口にするとコーヒーやチョコレートのロースト感と甘みが舌全体を包み込み、同時にバーボン、バニラ、ほんのりとしたホップの苦みがバランス良く広がる。あまりの素晴らしさに飲みこむことをためらう程であるが、飲みこんだ後のフィニッシュもバーボン、アルコールの温かみ、わずかなモルトの甘みの長い余韻が心地よい。フルボディーでシルクのように滑らかな口当たり。2014年にはビールのレビューサイトratebeerで“世界最高のビール”に選出され、ratebeerのみならずbeeradvocateでも100点満点の評価を取り続けている。喜びのあまり悲鳴をあげてしまいそうになるほど貴重で美味しいこの樽熟成スタウトは、まさに世界最高峰に位置する至高のビールだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
What we’ve got here is an imperial stout brewed with a massive amount of coffee and chocolates, then cave-aged in oak bourbon barrels for an entire year to make sure wonderful bourbon undertones come through in the finish. Makes your taste buds squeal with delight.