Lock iconRectangle 1Rectangle 2 + Rectangle 2 CopyShapeRectangle 1

Founders - Blushing Monk

  • Sale
  • ¥1,100


Belgian-style Ale (w/ raspberries) | 355ml | ABV 9.2%

Rübæusの4倍ものラズベリー使用。顔を赤らめるほどフルーティー!限定品。
大量のラズベリーを投入し、Rübæusのお姉さん的なビールとして造られたBelgian-Style Ale。元ヘッドブリュワーのNate Walserと現ブリューマスターのJeremy Kosmickiは、ウィスコンシン州のブリュワリー、New GlarusのRaspberry Tartというビール、そしてRübæusからインスピレーションを受けてこのビールを造ったと言う。2人は、Rübæusに使用する量の4倍ものラズベリーとベルギー酵母を合わせ、甘酸っぱいフルーティーなフレーバーを作り出し、ほのかなスパイシーさとエステル香を加えて、ライトボディのラズベリーエールに仕上げた。ベルギー酵母には、フルーティーなアロマを特徴とするエステル香と、スパイシーなアロマを特徴とするフェノール香があり、その2つがラズベリーのキャラクターと完璧にマッチしている。Blushing Monkは2005年に誕生し、当初 “Imperial Raz Master” という名称で知られていたが、このビールがBelgian-Styleであることから “Monk (=修道士)”、そしてビールのカラーが赤ピンク色である事か
ら “Blushing (=顔を赤らめる事)” の2語を合わせて、Blushing Monkと新たに名付けられ、2019年最初の季節限定商品として登場した。フルーティーで甘酸っぱいラズベリーの香りが前面に押し出され、ベルギー酵母特有のエステル香やスパイシーな香りも合わさってグラスから漂う。味わいもラズベリーの甘いフレーバー、心地良い酸味とスパイシーさが非常に良いバランス。ボディはミドルで、シロップのようなスムースな飲み心地。9.2%ABVとしっかりした飲みごたえのあるビールだが、フルーティーで爽やかなリフレッシングな仕上がりとなっている。ビール評価サイトのRateBeerでは99という高得点を獲得。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
When our love of fruit and our love of beer come together, Blushing Monk happens. Brewed with a ridiculous amount of raspberries for tart yet luscious raspberry-jam character and fermented with Belgian yeast for subtle fruit and spice esters. Think of Blushing Monk as Rubaeus’ older sibling – more intense, slightly larger and just a little bit more mature.